夜中寝てくれない赤ちゃん、どうすればいい?

この記事がおススメな人

赤ちゃんはかわいいけど夜中寝てくれなくて、奥さんが体力的にも精神的にもやばい人

赤ちゃんの夜泣きで、寝不足で仕事に支障が出ている人

 

今絶賛寝不足な毎日の私ですw

私の家の赤ちゃんは今生後2か月なんですが、少し小さく生まれたせいもあってか、巷やネット、友人に聞くような夜は3時間に1回は起こされるよ~という言葉通りではありませんでした。

1時間に1回は起こされました、マジで。

男の子だったということもあるかもしれません。ちゃんとした統計ではないですし、私が周りに聞いた数は10人行くか行かないかですけど、女の子の赤ちゃんは割とたくさん静かに寝てくれて、男の子の赤ちゃんはあんまり寝ないみたいです。

なのでほんと大変でしたw

奥さんは産休中とはいえ、毎日赤ちゃんにつきっきりにならなきゃいけないのに夜寝てないので体力的にも精神的にも追いつめられるし、私も平日は仕事をしているので朝ちゃんと起きて出勤しなきゃいけないんですが夜寝れてないのでマジでグロッキーでした。

しかもそんな状況で奥さんより先に私が体調を崩して医者にかかる始末です。

子育てって超大変だな…って実感した瞬間でした。

しかし、さすがにこの生活をずっと続けられないので何とかしなきゃと思った体験談を、今日は皆さんにご紹介したいと思います。

きっと私以外にもお困りの方はいると思うので。

本題ですが、何をしたかというと

ねんねトレーニング

です。

こんな書籍で紹介されてます。

ようは赤ちゃんの寝る時間数、時間帯をコントロールして夜長い時間寝てもらおう、というものですね。

で、他にもいくつかブログだったり本を見てまわって、わが家が取り入れたのは

ですね。

所謂ジーナ式ねんねトレーニングといわれるやつです。

まだまだ生後まもない赤ちゃんに対して親としてコントロールできることは食べるもの(ミルクか母乳)とそのタイミング、また寝かせる時間数とその時間帯、しかないんですね。

なのでこのできることが限られる中で、何とかして自分たちの精神的・体力的な余裕をもちながら子育てをしていくしかないのかなって思っています。

というのも、結構寝ないっていうのは精神的にきつくてですね、特に奥さんがもう育児は楽しくないってこぼしだりたい、泣く声をききたくない!ってなったり結構追いつめられてました。

なのでこのままだと下手したら産後鬱みたいになる可能性もあるな、と思い何とかせないかんと思い立ったわけです。

で、やってみました、ジーナ式トレーニング。

ここからは平日の日中奥さんがほとんど実施していたのでその話を交えながらの体験談となりますが。

…全然書いてある通りできないです。

というのも、ジーナ式のトレーニングは分単位で寝かせる時間、逆に寝かせてはだめな時間、母乳かミルクを上げる時間、入浴させる時間、というのが決まってまして、なかなかその通りに赤ちゃんは寝てくれないんですね。

やっぱ発祥が欧米系だからか、ものすごいスパッと切ったような断定口調で絶対やめてくださいとか本には書いてあるんですが、なかなかそんなわけにはいかんなーと思っていました。

そこでまたいろいろ探すと、下記のような体験談の方の記事を見つけました。

ジーナ式ネントレ実施中の月齢別スケジュール

http://www.nikonikolife.com/sleep/5085

これとっても参考になったんですが、ようは全部完璧にできんので、まずはできるだけやってみる、ゆるっとしたジーナ式、ゆるジーナ式でやってみようと奥さんと話し合いました。

で、一応の決まりとして持っていたのは、

  • 入浴前までの昼寝の時間の合計は3.5時間以内にすること

  • ベッドに寝かせるときは部屋のカーテンや電気を消して必ず真っ暗にすること

の2つをまずは意識しました。

まず1つ目の寝る合計で考えるというのは、ジーナ式は寝かせる時間が本当に30分単位でこの時間から寝かせて~、この時間は絶対寝ないように遊んであげて~とかなるんですけど、特にミルクや母乳を飲んだばっかりだとどうしても赤ちゃんは眠くなるんですよね。

なので手を握ってバタバタさせたり、足をもってバタバタさせて遊んであげてもめちゃくちゃ眠そうで、目を閉じるときがあって、その時はもう諦めましたw

その代わり、夜ちゃんと長い時間寝てもらうように昼寝の合計を3.5時間以内にしようという感じですね。

2つ目の寝かせるときの明るさもすごい大事でした。

豆電球もNGですし、カーテンもできるだけ光が入らないようにします。

なのでもしちょっとベッドにおいてぐずっておむつを変えなきゃいけないときも頑張って真っ暗な中でやってましたw

月齢が2か月くらいだとまだ光を認識しないみたいな記事もありましたけど、結構これ関係ある気がしてます。

そのおかげで、今は何とか夜3時間はまとまって寝れるようになりました。

月齢が低いうちにやり始めた効果なのかなーって思ってます。

まだまだ本にあるように23時に寝かせたら朝7時までぐっすり、というわけにはいかないですが。

まだ月齢が小さくて、一回に飲めるミルクや母乳の量も少なくて、お腹いっぱいになる量が少ないからそこまでぐっすりできないのもある気がしています。

ただ体力的な面より、奥さんと夕食後話す時間ができたりだいぶ精神的な余裕は出てきました。

なので引き続き試しながら続けていければなと思っていますので、またその中で感じた皆さんに役立ちそうなことがあれば共有していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT→マーケ→戦略コンサルタントと歩んできました。 人生100年時代において、人的資産となることが目標です。 ・サッカーとエンタメコンテンツが好きな30代、妻子持ちです。